くじゅう花公園を楽しむ!イベントは?最適シーズンはいつ?犬もOK?

お出かけ
スポンサーリンク

大分で色とりどりのお花を楽しみたいなら、ここ!! 🙂 

くじゅう花公園は、山に囲まれた広々とした敷地内に、ブロックごとに季節の色とりどりの花が植えられており、沢山の綺麗な花々を楽しむことができます。

四季折々で花の種類が違うので、いつ行っても何度行っても楽しむことができますよ♪

家族連れ友達同士カップルまですべての年代におすすめのスポットです!!
なによりも、ペット(犬や猫など)と一緒に楽しめるのが嬉しいです♪
(ただ、お店の中は入れないようです・・)

休憩できるベンチが至る所にあるので、ゆっくり眺めながら回れますよ。

 

スポンサーリンク

くじゅう花公園おススメのシーズンは?

春はチューリップシバザクラ、夏はヒマワリ、秋はコスモスとたくさんの花々がグラデーションになるように植えられているのですが・・・

 

ゴールデンウイーク

西日本最大級10万株の様々なお花が咲きほこり一番綺麗でおススメな時期です。

デージー、芝桜、パンジー、ポピー、ネモフィラ等が満開!!

ちょうど、「チューリップフェスティバル」「春の七色花祭」が開催されるようです。

 

5月下旬~6月

ローズや紫陽花、ラベンダー祭りが開催されているようです。

 

夏休み

ひまわりが満開です。
ブルーベリー収穫体験も500円で楽しめますよ。

 

コスモスが満開!!
アサギマダラという蝶々の観察会などもあるみたいですよ。

 

くじゅう花公園の楽しみ方!体験型イベントへ参加しよう!

常時行われているのは、ドライフラワーと雑貨のお店でオリジナルリース作り体験

お子さんとも楽しみながら参加できますね。

 

くじゅう花公園の体験型イベントへ参加するには?

ドライフラワー雑貨のお店「Rose de Mai」でのオリジナルリース作り

予約不要で体験できるようです。
体験料金 : 1200円 ~

 

夏休みの頃は、「ブルーベリー収穫体験会」なども行われるようです。

*イベント時は野外でミニコンサート路上パフォーマンス等さまざまなお店が出店されているので、ろくろ体験やアロマクラフト体験などその時々であるようです。事前に確認してみるのがおすすめです。

 

くじゅう花公園の屋外イベントを楽しもう♪  

雑誌「犬吉猫吉」主催のペットのお散歩ウォッチング。

例年、春と秋の年2回ほど行われるようです。
ペットといっしょに写真を撮る無料撮影会です。
撮影された写真は、「犬吉猫吉」に掲載されるとのことので、嬉しいですね♪

詳しくは、「犬吉猫吉」のサイトをご覧ください。

写真嫌いなうちのワンコも撮影してもらいたい!!!

 

くじゅう花公園内のおすすめグルメは?

常時40種類の新鮮やさいを中心としたメニューが揃うバイキングレストランやジンギスカンレストランがあります。

ジェラートやソフトクリームを食べながらのお散歩も楽しめますよ。

パン屋さんや日田焼きそばのお店もあります♪

 

くじゅう花公園の基本情報・アクセス・料金

所在地:〒878-0201  大分県竹田市久住町大字久住4050

JR豊後竹田駅から車で30分(タクシーだと約6500円)

JR豊後竹田駅から路線バス
 大野竹田バス・「竹田駅前」(直入支所前行き) ⇒ 「久住支所前」下車 ⇒ タクシーでくじゅう花公園(タクシー約2,100円)

路線バス(大野竹田バス)で「竹田駅前」より24個目のバス停「久住支所前」下車 。
そこからタクシーに乗り換えて現地へという道のり。。。

バスの時間がちょうどいいのがあればよいですが、なければちょっと時間的に大変かも!?
帰りもバスの場合は、帰りのバスの時間もしっかり確認して「くじゅう花公園」へ向かうことをおすすめします。

のんびり旅にはよさそうですが、、、
免許なしの私も気になって調べてみました(^^ゞ

車の免許がある方は、レンタカーや車移動のほうが周辺の施設も楽しめるので、そちらをおすすめします。

 

開園時間:8:30~17:30 ※気象状況により変更の場合もあり
休園:シーズン中は無休 ※冬季休園(12月下旬~2月頃まで)※ご来園前にご確認ください

入園料:
大人(高校生以上) 1,300円
シニア(70歳以上) 1,100円
小人(5歳以上) 500円

<お得情報>

 ◆年間パスポート(フリーパス):一年間、何度でも使えるお得なチケット
  大人:3000円、 小人(5才~中学生):800円

  ◆回数パス

  有効期限:購入後1年間
  3回の入場が可能(ただし、一日1回)
  大人(高校生以上) 1800円、 小人(5歳以上) 700円

 

こちらの記事も読まれています

九重“夢”大吊橋と周辺温泉を楽しむ♪スリルと絶景と秘湯と

コメント

error: Content is protected !!