誤解を招いた時の原因を探る方法は?されやすい人は俯瞰すると見えてくる!

誤解 原因 探る 健康・セラピー
スポンサーリンク

Hanaさん、どうしたんですか?

誤解されて、関係のない周囲にまで悪い噂をたてられたことありませんか?

一方的な意見だけで、真実を歪曲されて伝えられていること自体、とっても不快ですよね!

誤解を解く方法を考える前に、なぜこのような状況が起こったのかがわかると、対応策も変わってきます。

実は、あなたの心の奥深く(潜在意識)にあるマイナスポイントが原因になっていることが多いのですよ!

ここでは、心の奥底を探る一番簡単な方法、誰でも出来る方法をご紹介します。

とっても不快な状況かと思いますが、そんな時こそ、成長するチャンスです!
芸人さんであればお笑いにも変えることができる、私はこうして記事として昇華でき、同じような経験をしている人たちの一助にもなれます。

そこで、真実でないことを信じ込んでいる人達がいて、誤解を招いて不快な状況に出会った時のメカニズムや原因を探る方法、発想転換方法について解説していきたいと思います。
セラピーを沢山学んできた筆者がお届けいたします。

 

誤解は無理して解こうとするとこじれることの方が多い!誤解のメカニズム

困惑

相手のために一所懸命に力を尽くしてあげた善意でも、捉え方の違いで悪になってしまうこともあります。

ちょっとした価値観の違いで生じた誤解が、さらに大きくなってしまうのです。

もう、平行線をたどっているので、どんなに弁明しても通じない・・
根本的な感覚が違っているんです。
コミュニケーションのチャンネルまで違ってきているのです。
すでに相手が聞く耳持ってないということを、こちらが理解する必要があります。
完全なる誤解を受けている時は何を言っても無駄、こちらの意見はすべて雑音扱いでスルーされてしまいます。

なので、誤解を受けた方が、いくら釈明しても火に油を注いでいるかのようにこじれていくのです。
誤解が誤解を生じ、泥沼合戦になってしまうことも。

弁明するごとにさらに誤解が生じ、二人の間だけならよいですが、相手は自分の正当性を認めてもらうために周囲まで巻き込んでしまうことがあります。

また他人の懐に入るのが上手なタイプの人は、簡単に他人の信用を得ることができます。
こういうタイプの人が相手だと、余計に炎上してしまいます。

最悪の場合、自分のことは棚に上げて法律まで持ち出されることがあります。

益々納得できなくなるでしょう。
すぐにでも誤解は解きたい!

特に関係のない周囲の人にまで渡っている場合、そのまま放置じゃ気分が悪いですよね!
そんな時は、本当に辛いですよね!
一言言ってやりたい気持ちもでききます。
しかし、言うだけ損だと思って我慢したほうが得策です。

相手は戦いたいとさえ思っていることもあり、ネガティブな土俵に降りることになってしまうのですから。

関わる必要性のない周囲の人であれば、時間と共に収まりもつくでしょう。
何か学ぶべきご縁があれば、どこかで再会したり出会うことがあるかもしれませんが。

とはいっても

実生活で周囲の人とも関わる必要がある場合、名誉を害されているため社会生活に不具合が生じてしまいます。
そういった場合、どうしたらよいのでしょうか!?
誤解を解くためのタイミングが必要になってくるかと思います。

そして、全員が全員、相手のことを信じる人ばかりではないということはしっかり認識しておいてください!
たった一人でもご自身のことを信じてくれる人、事実を客観的に判断してくれる人がいます。

ご自身を信頼してあげてください!

自分を信頼する力が、周囲の信頼を生んでいきます。

怒りや悲しみの感情だけに執着して、誤解を解くべく釈明したりの努力をするのは無謀であり得策ではないことも多々ある!ということは理解できましたか?

誤解をされやすい人は、私のように大人しくてしゃべるのが苦手なタイプが多いようですが、それだけではないですよ!
では、どうしてこのようなことが起こったのか俯瞰してみてみましょう!

一歩離れてみると、見えてくることがあります!

スポンサーリンク

誤解を招いた原因を紐解く!不快な状況がどうして起こったのか探る方法

紙に書く

一番簡単な方法は、紙に書くことです。

「紙(かみ)=神(かみ)」です。

紙(かみ)は、鏡(かがみ)に写ったその時の状況の「我(が)」を取ってくれる神(かみ)です。

私は、若い頃から心理的なコントロールを取りたい時は、無心に紙に書いていました。
そこで、氣づいたり、嫌な感情を解放できたりしていました。

可能であれば、ノートを一冊用意するといいと思います。
氣づきのノートとして。

紙(ノート)に書く時のポイントは?

常識や理性の言葉は排除します。
いい子ぶってはいけませんよ~
心が動くまま書いてください。
最初は、罵倒から始まるかもしれません。
苦しい感情をそのまま書いていくんです。
心の動くままに書くんです。
誤解している相手に向けて書いてもいいです。
とにかく、心の動きに任せてペンを走らせます。
もしかしたら、憎しみや負の感情の言葉だけで疲れて終わる日もあるかもしれません。

そんな時は、また次の日に同じような感情が起こってくるかもしれません。

そしたら、また書くんです。
書いて、書いて書きなぐってください!

負の言葉ばかりのようでも、光のポイントが現れてきます。
状況にもよりますが、数ページ書いたところで、ふとペンが止まる単語が出てきたりします
なぜか、氣になる単語も。

その単語が、あなたの潜在意識に眠っていたものかもしれません!
無意識で氣がつかれず苦しいとあがいていたものが、その体験をもとに吹き出したのです。

その単語の意味を元に、自分を見てみます。

いいも悪いもありません。
ただ、バランスを欠いていただけです。

まずは、氣づくことが大事 です。

潜在意識から、心の奥深く隠れていたものが、顕在意識へ現れただけでも状況回復できてきます。

すでに過去の状況は無理だったとしても、今後同じような状況に出会うことがなくなってきます。

そして、氣づいているのですから、同じような状況になる前に回避できます。

この氣づきを元に、誤解している相手と話し合いをするといいパターンもあります。

ここで、少し潜在意識について説明します。

 

不快に感じる潜在意識のシステム

「眼の前に現れる人は、あなたの鏡です」

不快に感じる人が目の前に現れました。

どうして不快に思うのでしょう。

幼い頃のトラウマのような感情が原因になっていることが多いです。

親の教育や社会システムの中で、本来の自分が抑圧されて潜在意識に閉じ込められた場合。

しかし、その潜在意識の、(ん~ここでは、トラちゃんとしましょう。)トラちゃんが、暗い牢獄の中に閉じ込められているんです。
おまけに、トラちゃんのことを一番わかってあげないといけない、人間のあなたが存在すら気づいていないのです。

そうすると、トラちゃんは苦しくて苦しくて、癒やして欲しいから気づいてもらうために、トラちゃんを体現した人をあなたの目の前に出現させます。

そのトラちゃん探しが、紙に書く作業ともいえます。

 

誤解の苦しさを解放するには?

人に話すと気持ちも離れていきます。

「話す(はなす)=離す(はなす)」だからです。

話すことが得意な人は、こちらの方が有効かもしれません。
書いて気づいたことを元にお話してみると、よりすっきりすると思います。

もし、友人などで話を聞いてくれる人がいれば、相談してみましょう。

それも出来ないくらい孤立していまっている場合は、専門家に相談してみるのがおすすめの方法です。

カウンセラーやセラピスト、法律に関わるなら弁護士さんも無料相談しています。

私もつらい時は、とてもお世話になりました。
依存させるようなカウンセラーやセラピスト、占い師さんは要注意ですが、話すことで本当にすっきりします。
アドバイスが欲しい時は、的確なアドバイスもいただけるし、今起こっていることを客観的に教えてくれ成長させてくださる方も多いです!

カウンセラーやセラピスト、占い師に相談したい時はこちら⇒ 電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで

私の今は、自分の体調を癒やす時期です。
薬が効かないということで代替医療の人体実験中で、セラピーのお仕事はお休みさせていただいておりますm(_ _)m
身体に無理のない程度で、情報だけこのように発信させていただいております。

夢中になれる趣味がある場合は、そこに新たな目標を掲げて没頭していくのも手ですよ!

そして、ライブでもスポーツ観戦でもカラオケでもいいですので、溜まったストレスは解放していってくださいね♪

楽しいこと、喜べることに目を向けて前を進んでいくと、また新たしい道が開けてくるでしょう!

最後に私の場合をご紹介して終わりにしますね。

Sponsored Link

誤解を招いた原因を紐解く!私の場合

私もノートに書いて俯瞰してみました。

ここでは、こんな状況に出会った時に俯瞰してみたんです。

以前、真実を歪曲して周囲に伝え、ご自分を正当化してしまう人に出会ったことがあります。
私は、まだ名前もついていない効く薬もない難病を患い、外で働くことができませんでした。
そんな時に・・・

社会的弱者に対してまるで上から目線、そして弱者の社会生活を脅かすような人と出会ってしまったのです(・o・)

しかし引き寄せの法則からすると、私のネガティブポイントがそういう人を引き寄せてしまったことになります(汗)

そこで、ノートに思いのたけを書いていきました。

2,3ページ目に差し掛かった頃、徐々に出てくる言葉が変化してきました。

そして・・・

私に出てきた単語、そしてペンが止まってしまった単語は「自己犠牲」でした。

もうなぜかそこからペンが進みません。。。

そこで、私は氣がつきます。

自分を慈しむことを横において、自己犠牲に走ってしまったことが誤解を招いた原因だったのだと。

最初から、無理だったのです。
友人だからと、過度な自己犠牲を無意識のうちに強いていました。
しかし、そんなことは相手にはわかりません。
ましてや、○○○○○が当たり前になっている人には・・・

そして、私が思っている「友人」の定義も違っていました。
(これ、結構重要です!)

最初の段階で自分を大事にしてお断りできていたら、このようなことは起こらなかったでしょう。
過去は変えられません。
学びとしての経験として捉えることだけです。

実際、タロットカードを引ける私はカードも引いてみました。
「友人の依頼を受けるのはおすすめですか?」と。

答えは「NO!」でした。
おまけに、未来に出ていたカードは、ワンドの10で、圧迫感満載な図柄でした。

客観的にみるツールを持っている私でも、自我に進んでしまい過度な自己犠牲を強いてしまったんですね。
自己犠牲ちゃんが、苦しいよ~と悲鳴を上げていたにも関わらず氣が付いてあげられなかった私だったのです。
それを、知人が氣がつかせてくれたんですね。
これを教訓に自分を慈しむこと、魂が喜ぶこと、笑顔がたくさん増えることを意識して行っていきたいと思いました。

おまけに私が自己価値を下げてしまっていたことも原因だったようで、そこをうまく使われてしまったようでした。
自己価値、私のゴールドの領域を浄化&活性化していきたいと思います。

人生一分一秒が大事です。
一呼吸一呼吸ごとに新たな世界が創造されているのですよ!

バランスを欠いたことをすると結果は見えています。

しかし、凄かったのが、この関係性が崩れた時、宇宙的にバランスが欠いた部分を調整してくれる惑星配置だったのです。
宇宙の采配に感謝です。

高度なテクニックでは、瞑想やヨガなどもおすすめです。
他にもいろいろありますが、ここでは誰でも出来る方法をご紹介させていただきました。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

SNSが発達している昨今、一つ一つの情報は吟味したいですね。

例え、それが信頼している人が言っていることでも。

コメント

error: Content is protected !!