浅草ほおずき市2018!時間や値段は?風鈴がセットの理由は?

夏の行事
スポンサーリンク

東京・浅草寺で夏の風物詩として人気のほおずき市(7月)では、可愛いほおずき風鈴がセットのよう売られてますが、その理由をご存知ですか?

ほおずきとコロコロっと鳴る涼しい風鈴の音には、ある意味が隠されていたんですよ!!

意味を知ると風鈴とのセットでゲットしたくなりますよ!!
今年の夏は、ほおずきと風鈴で涼と幸運を招いてくださいね♪

浅草寺ほおずき市、そしてお守り御朱印授与の時間が異なるので、それぞれの時間を調べてみましたよ!!

そして、気になるホオズキのお値段、風鈴とほおずきをセットで扱う理由もご案内しますね。

浅草「ほおずき市」とは?

東京で最古のお寺である浅草寺毎年7月9、10日に行われている『四万六千日(しまんろくせんにち)』という行事の時に境内にて「ほおずき市」が行われるようになりました。

この二日間にお詣りすると、なんと四万六千日(約126年分)お詣りしたのと同じご利益があるとされているんですよ!!

人の一生分を超えてますね~!!

浅草寺のご本尊は、聖観世音菩薩さま(通称・観音様)なのですが、この二日間は観音様のパワーが強い日という理由もあり、そのご加護にあやかろうと江戸時代より庶民の人気行事となりました。

四万六千日(ほおずき市)」の限定御朱印お守りもあるんですよ!!
こちらの記事をご覧くださいね。

浅草寺ほおずき市2018!限定御朱印の授与時間と場所はどこ?
浅草寺ほおずき市の限定御朱印は、朝早くから行列必須と聞いたけど実際はどうなのか気になりませんか?行列が出来るほどの混雑だとすると予め、授与時間と場所は把握したいですよね!!しかし、厄介なのが・・・御朱印や御守りの授与時間が、浅草...

現在は、境内に100店以上ものホオズキを売るお店が並び、ほおずきの鮮やかな朱と風鈴の涼しげな音が心地よい東京下町の風情ある行事となっています。
色とりどりの浴衣といなせな売り子の声、ここでも色と音のコラボレーションが相まってとっても賑やかですよ!

 

浅草ほおずき市2018! 時間は?

ほおずき市と、浅草寺本堂の時間、お守り&御朱印の授与時間は異なりますのでご注意くださいね。

浅草寺 四万六千日(ほおずき市)▼

日程:7月9.10日
ほおずき市: 8:00~21:00頃
浅草寺本堂: 6:00~20:00
御守・ご朱印授与時間: 9:00~17:00
問合せ先(浅草寺):03-3842-0181(日曜祝日を除く9:30~16:00)

 

ほおずき市二日間限定お守り雷除札」と「災難除守」も大人気ですし、御朱印も特別バーションなので朝早くから行列ができるほどです!
熱中症対策はしていってくださいね♪

 

浅草ほおずき市2018! ほおずきの値段は?

浅草寺のほおずき市では、協定により2500円までの価格でホオズキが販売されています。

売り子さんとの粋な掛け合いで、若干お安くしてくれるお店もありますよ!!

そんな会話もお祭りならではで楽しそう!!

手荷物がっぱいになっても、宅配便の受付がありますので安心ですね。

ほおずき市の賑わいの様子を体感したい方はこちら

1分ほどで、浅草寺とほおずき市の様子がわかる動画です。
ほおずき市の簡単な由来の説明入りです。
賑わいの様子と風鈴の鈴が心地よいですね♪

風鈴が、鉢植えのほおずきとセットで販売されていますね♪
どうして風鈴とセットになっているのか気になりませんか??

何か特別な意味があるの??

次は、ほおずきと風鈴がセットで販売されている理由について説明しますね。

 

「ほおずき市」でホオズキと風鈴がセットの理由は?

風鈴は、魔よけとして飾られていました。
軒先に吊るしておくことで、風鈴の音の高い周波数により結界が張られのです。
波動の低い魔は、高い波動のところには寄り付けません。
そういうことから風鈴の音により、家が守られるといわれてきました。

ご先祖さまの魂が、お盆の時に家に戻られる時、一緒に付いてくる悪霊も家の外で退散させる効果もあるということで飾られました。

神社にお参りする時にならす鈴の音も、お参りする人の邪気を払ってくれます。
音による癒し効果は、今や様々なセラピーで活用されていますよ。

ホオズキは、観賞用と食用があります。

★観賞用としてのホオズキ

一般的にしられているのは、この観賞用としてのホオズキですよね!
ほおずきは、漢字で「酸漿」「鬼灯」「鬼燈」と書きます。

漢字からもわかるように「ほおずき」の形は、提灯に似ています
日本のお盆では、ホオズキを死者の魂を導く提灯として枝付きで仏壇等に飾る風習があり、たくさんの家々で飾られているのが見られます。

 

死者の魂を導く道案内の提灯としてのホオズキ邪気払いの風鈴がセットになっているのは、このような理由からでしょう。

★食用としてのホオズキ

ほおずきは「食用」でもあるっていうのは、驚きです!!
ヨーロッパでは食用として栽培されてきたため、英語ではCape Gooseberryといい「ベリー」がつきます。
味はベリー系の甘酸っぱさがあります。
ナス科なので厳密にはお野菜ですが、イチゴのようにフルーツとして日本各地で栽培されるようになってきています。

私はまだ食べたことがないので、どんな味がするのか気になりますよ!

ホオズキの地下茎と根は、生薬として平安時代から鎮静剤として利用されてきました。
江戸時代では解熱剤として、また根の部分に子宮を緊縮させるヒストニンが含まれているので堕胎剤として使われていました。
現在でも生薬として利用している地方があるようですよ。

生薬としての効用が愛宕にて青ほおずきの市となり、浅草寺でも観音様の功徳日に盛大に飾られ販売されるようになったのです。

こうやって知っていくと、とっても奥深いですよね!
私の家でも、夏になると毎年風鈴飾ってますよ♪

Sponsored Link

 

まとめ

・浅草寺「ほおずき市」とは?
毎年7月9、10日に行われる浅草寺の「四万六千日」の行事のことをいいます。
この両日に参拝すると46000日分のご利益を授かることが出来ると大人気のお祭りとなっています。

・浅草寺「ほおずき市」の時間と値段は?
7月9日、10日
ほおずき市: 8:00~21:00頃
浅草寺本堂: 6:00~20:00
御守・ご朱印授与時間: 9:00~17:00

値段は、2500円が上限です。

・「ほおずき市」でホオズキと風鈴がセットの理由は?
ホオズキの形が死者の魂を導く提灯ににていることと生薬としての薬効からこの時期に寺社で飾られるようになりました。
そして風鈴は、その音が魔除けになることからセットにして販売されるようになったのです。

東京在住時、浅草寺には何度も足を運んで参拝していた大好きな場所です!!
そして、今、私の住んでいる大分は、浅草寺ほおずき市のホオズキを出荷していいます!!
たくさんの人のところに届くといいなぁと思います♪

浅草寺ほおずき市2018!限定御朱印の授与時間と場所はどこ?
浅草寺ほおずき市の限定御朱印は、朝早くから行列必須と聞いたけど実際はどうなのか気になりませんか?行列が出来るほどの混雑だとすると予め、授与時間と場所は把握したいですよね!!しかし、厄介なのが・・・御朱印や御守りの授与時間が、浅草...

コメント

error: Content is protected !!