2018流星群(こと座、しし座、ふたご座など)いつ?方角は?

お出かけ
スポンサーリンク

毎年楽しみにしている流星群について、2018年、 満月あたりと重ならない見やすい流星群について調べてみました。

空を眺めるのが大好きで、子供の頃一番欲しかったのは天体望遠鏡だった私の備忘録ですが^^

スポンサーリンク

 

しぶんぎ座流星群

3大流星群のひとつ。

 

 2018年の出現のピークは、1月4日 明け方(5時頃)

1時間に10個程度の出現が期待できます。

満月の二日後でちょっと明るいかも!?ですが、3大流星群の一つなので掲載しました。

 

<方角>(放射点)北斗七星の近く、北東方向

 

こと座流星群

 

 2018年の出現のピークは、4月23日 3時前後

1時間に10個程度の出現が期待できます。

<方角>(放射点)北東

 

*こと座

竪琴のような形をしたこと座。
七夕の織り姫である白く輝くベガと、平行四辺形の形をした4つの星からなる星座です。

 

 

ペルセウス座流星群

 

3大流星群のひとつ。

2018年は、新月なので全く月明かりなしの好条件!!

 

2018年の出現のピークは、8月13日 10時頃

夜明け前の方が多く流星を見られそうです。

13日未明は、1時間に40~50個程度の出現が期待できます。
14日未明は、1時間に30個程度の出現が期待できます。

 

<方角>(放射点)北東

 

*ペルセウス座

アンドロメダの足元に見える「」という字のような星の並びがペルセウス座。

 

 

おうし座流星群

ゆっくりとした「火球」が見られることで有名です!!

 

おうし座流星群は、南群と北群と分けられています。

南群が11月1日頃、北群が11月12日頃が極大です。

1時間に5個程度の出現が期待できます。

2018年は、11月8日が新月なので好条件!!

<方角>(放射点)東

*おうし座

日本で「すばる」と呼ばれる「プレアデス星団」が含まれており、無数の星が集まって明るく輝きます。

 

 

しし座流星群

11月18日 夜半過ぎから7時頃

高速で印象的な流星が見られます。

1時間に5~10個程度の出現が期待できます。

<方角>(放射点)東

 

ふたご座流星群

3大流星群のひとつ。

12月14日 21時頃に極大

年間最大の出現をほぼ一晩中見せてくれます。

1時間に80個程度の明るい流星が期待できます。
13日の夜でも1時間に40個程度は見れそうです。

<方角>(放射点)東

 

コメント

error: Content is protected !!