土は食べられる?栄養は?土食の歴史。五反田のフレンチ『ヌキテパ』

健康・セラピー
スポンサーリンク

土が食べられる!?

テレ朝・「羽鳥慎一モーニングショー」で、土をアレンジしたメニューを提供しているお店として五反田のフレンチ『ヌキテパ』が紹介されていたので、氣になって「土食」について調べてみました。

 

そういえば、漢方薬にも石膏が使われていましたね!!

 

日本の預言書として知られる「日月神示」にも日本の国土は食べられるって書いてありましたよ!!

日本人は本来食べるのには困らない民族なのだと・・

私が「日月神示」の中でとっても記憶に残っている部分でもあります・・(笑)

ただ、現在の日本の土壌は農薬などの化学物質で汚染されているところが多いので、食せるほどの土を探すほうが難しいかも!?

土食については、テレビ番組の「特命リサーチ200X」でも放送されたらしいです。

スポンサーリンク

 

土は食べられるのか?(土食の歴史)

世界中で食べられている土!!

ベトナムのある地域では、土を網で焼いて客をもてなす習慣がある。

インドのある人々は、新しく作られた粘土製のティーカップに茶を注いで、それを飲み干した後、そのティーカップを食べる。

アメリカ南部でも黒人奴隷がアフリカから持ち込んだ土食文化が普及し、今でも調理済みの土がスーパーで売られているという。

アメリカ先住民は特定の土をイワーキー(Ee-Wah-Kee=癒しの土)と呼んで、疲れ果てた心を癒すために食した。

蒸したり炒ったトウモロコシに、粘土、種子、ハーブなどをまぶして食べることもある。

さらに南米のある人々は、粘土に蜂蜜と砂糖を混ぜたものを、食後の甘いデザートとして食べる。

日本でも、アイヌ民族は百合の根と土を煮て食べていたし、

フランス料理には、山の土を煮込んでルッコラの根を添えたシンプルな料理もある。

 

文明社会で暮らす我々の感覚とは裏腹に、彼らにとって、そのような食べ物は比較的贅沢なものである。つまり、彼らは蜂蜜や砂糖を混ぜた粘土をデザートとして好んで食べるのだ。ニューギニアの北岸部の人々も、土を砂糖菓子のようなものとして食べる。その味は、かすかに甘いものから、チョコレートのように甘いものまで様々である。また、その近隣には、粘土を転がして円盤やチューブのような形にして、塩水をかけ、ココナッツ・オイルを塗った後、あぶって食べる人々も居る。

 http://keimizumori.com/articles/clayeating.html

 

 

土には栄養がたくさん

木の葉や動物の死骸や岩が細かくなり、バクテリアに分解されることで栄養豊富な土ができ上がります。
この土から木や花などの植物が育ち、土を食べる昆虫の幼虫や動物もいます。
土壌の中には65種類以上の人体に必要なミネラル成分が含まれているそうです。

私も、鉱石から抽出された「鉱泉水」を飲用している一人(^^ゞ

妊婦の方や子供はミネラルが不足することが多く、自然と身体が土を求めるらしいです。

体の中の毒素を排出させたり、痛みを和らげ傷の炎症を抑えることもできるとか!?

私も小さな頃、虫刺されで痒くなったら、石の粉を擦り付けて治していたな~~(笑)

◇参考サイト◇
NAVERまとめ 土

 

 

ご神示にもある食べられる土(「日月神事」より)

日月神示には、「土から人民を生んだ」「ウシトラコンジンの肉体は日本の土だ」と言っています。

土は非常に尊いものなので、土を大切にしなければならないと。

 

「下つ巻 第29帖」

神の土出ると申してあったが

土(つち)は五色の土ぞ

それぞれに国々、所々から出るのぞ

白、赤、黄、青、黒の五つ色ぞ

薬のお土もあれば食べられるお土もあるぞ

神に供えてから頂くのぞ

何事も神からぞ

 

「五十黙示録 星座之巻 第17帖」

土のまんじゅうと申してあろう

土が食べられると申してあろう

土から人民を生んだと申してあろう

ウシトラコンジンの肉体は日本の土だと知らせてあろう

土に生きよと申してあろう

地は血(智)であるぞ

素盞鳴命様であるぞ

その土が生長して果ての果てに皮を脱ぐ

それが地変であるぞ

 

 

世界中のメディアが取材!フレンチレストラン「ヌキテパ」

東京・島津山の住宅街に佇む『ヌキテパ』は、

自然豊かな南仏の避暑リゾート、オーベルジュで過ごすような雰囲気の中、居心地の良い時間と空間で魚介や野菜が本来持つ“命の力”を食することをコンセプトにしているフレンチレストランです。

一般的なメニューの他に、世界中で注目されている「土の料理のコース」があります。

 

★田辺シェフ

フランス三ツ星レストランで修業を積んでこられた田辺年男シェフ。

今年は、「現代の名工」にも選ばれました。

※「現代の名工」とは厚生労働省が発表する、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰するもの

 

★「土の料理」はどんなの?

「土のフルコース」

1.じゃがいもの澱粉と土のスープ

2.サラダ 土のドレッシング

3.海のミネラルと陸のミネラル ハマグリと土の上澄みのジュレ

4.土のリゾット ハタのソテー ごぼうのソース

5.土のアイスクリーム

6.土のグラタン

7.土のミントティー

 

 

★メニュー (税&サービス別)

【ランチ】

・定番料理全6皿コース / 6,500円
・シェフおすすめ全8皿コース / 10,000円
・シェフおまかせ全10皿前後コース / 15,000円

【ディナー】

・定番料理全6皿コース / 6,500円
・シェフおすすめ全8皿コース / 10,000円
・シェフおまかせ全10皿前後コース / 15,000円

【ドリンク】

・スイカのシャンパン / 1,500円
・グラスワイン(赤、白) / 1,000円〜

*土の料理をご希望の方は、必ずご予約時にご相談ください。

 

住所

〒141-0022 東京都品川区東五反田3-15-19

電話番号

03-3442-2382

営業時間

12:00~15:00(L.O. 13:30)、18:00~23:00(L.O.21:00)

定休日:月

 

ぐるなび

季節の海産物と畑のフランス料理 ヌキテパ(地図/写真/五反田/フレンチ(フランス料理)) - ぐるなび
季節の海産物と畑のフランス料理 ヌキテパ(五反田/フレンチ(フランス料理))の口コミや情報、写真・地図・☎電話番号などを【ぐるなび】がご紹介。品川・五反田・大崎周辺のイタリアン・フレンチ情報も掲載。お店より『【オープンから17年】 シェフの想いがいっぱい詰まった五反田の一軒家で味わう 独創的なフレンチをお楽しみくだ...

公式サイト

Ne Quittez pas | ヌキテパ 五反田
Ne Quittez pas | ヌキテパ 五反田

 

 

まとめ

1.土は世界中で食べられており、歴史も古い
  日本でも、アイヌ民族は百合の根と土を煮て食べていた

2.土には栄養がたくさん!
  土壌の中には65種類以上の人体に必要なミネラル成分が含まれている

3.ご神示「日月神示」にも、日本の土は食べられると記載

4.五反田フレンチレストラン「ヌキテパ」では土のフルコースが食せる(要予約)

コメント

error: Content is protected !!