アロマバスボムの手作りレシピ。夏休みの自由研究にも♪ 

健康・セラピー
スポンサーリンク

お風呂でシュワっと泡のでる入浴剤、楽しいですよね。

お風呂の中で炭酸ガスが溶け出すことで発砲します。

この炭酸ガスが、身体を芯から温めてくれますよ^^

スポンサーリンク

 

アロマバスボム作り

【材料】

・重曹  大さじ3
・クエン酸  大さじ1~3
・天塩  小さじ1
・グリセリン 小さじ1
・アロマオイル 1~3滴 
  ラベンダー、オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、サンダルウッド、ゼラニウム、マジョラムなど 
  (アロマオイルは、お好みでいろいろ試してくださいね♪)

  ※色をつける場合は、クレイ、ターメリック(黄)、食紅など・・・

【道具】

ボウル(洗面器も可)
計量スプーン
サランラップ

 

 
【作り方】

  
 1.重曹、クエン酸、塩をボウルに入れ、かき混ぜます
 2.1にグリセリンを入れ、さらに混ぜる
 (色をつけたい時は、ここで加える)
 3.成形 
  (サランラップにくるんで丸くする。クッキー型で型抜き など)

固くなるまで数時間おく

入浴する時にアロマを1~3滴加えて、お風呂に入れてください。

お風呂の湯量、アロマの種類で香りの強さが異なるのでアロマの量は調節してみてください。

 こんな感じで簡単に作れます。

 粘土のようにこねたりする感じが、お子様も楽しめそうですね♪♪

 私は、ラベンダーを入浴前に加えてみました!!
 湯船の中で、某商品バ○のようにシュワーっといい感じでした♪
 お試しくださいね(^0^)

 

【期待できる効果】

重曹; 皮脂や角質を落とし肌をツルツルにする

クエン酸(C₆H₈O₇); 柑橘類や梅干し、スポーツドリンクなどに含まれている
           疲労回復効果、美肌、殺菌、痛風、肝機能向上など

ラベンダー; 皮膚(余分な皮脂を取り除く)。リラックス。

オレンジ; 気分を明るくする

グレープフルーツ; ダイエット

サンダルウッド; 落ち着き、アンチエイジング

ゼラニウム; 自分への信頼、肌

ベルガモット; 希望

マジョラム; 安心感

 

アロマオイルをご使用になる際の注意点

・赤ちゃんや妊婦さんにはご使用をお控えください

・バッチテストをおすすめします

・肌に異常が現れたたら、ご使用をお控ください

・原液を直接肌につけないでください。

・アロマオイルは、油性なのでお風呂に直接垂らさないでください。分離してオイルが肌に直接触れるため。

コメント

error: Content is protected !!